日本獣医腎泌尿器学会

第11回 日本獣医腎泌尿器学会学術集会・総会

Japanese Association of Veterinary Nephrology and Urology (JAVNU) 2018

パネルディスカッション・テーマ

猫における腎泌尿器疾患の診断・治療戦略 〜ガイドラインの作成に向けて〜

会 期:2018年8月19日(日) 9:00 〜 18:00

会 場:品川フロントビル
    〒108-0075 東京都港区港南 2-3-13
    TEL 03-5463-9957(代)

  • 品川駅港南口より徒歩3分
  • JR品川駅中央改札より徒歩5分
  • 京急品川駅改札より徒歩8分

大会長:秋吉秀保(大阪府立大学)

参加費:

会員 5,000 円
非会員 8,000 円
学生 2,000 円
プログラム:
9:00 〜 9:05 開会の挨拶
9:05 〜 11:35 パネルディスカッション
『猫における腎泌尿器疾患の診断・治療戦略
〜ガイドラインの作成に向けて〜』
11:45 〜 12:15 学会総会
12:15 〜 13:00 ランチョンセミナー
13:20 〜 13:30 アワード表彰
13:30 〜 18:00 一般 症例・研究発表
18:00 閉会

一般発表演題募集

  • 学会会員の方には『申込書』が郵送にて送られますので、 「事前登録書」欄と併せて、「発表演題申込書」欄への 演題名等をご記入いただきFAXでの送信をお願いします。
  • 非会員の方におかれましては、こちらからダウンロードが 可能ですので、同様に「演題名」の送信をお願いします。
  • 申込者全員には、後ほどプログラム作成のため、発表内容要旨原稿作成依頼が 送られることとなりますので、要旨の作成様式や発表方法などについてご参照ください。

ご発表に当たっての注意事項

  • 一般演題には「症例発表」と「研究発表」があります。
  • 一般演題では、特に「希望しない」発表者の方を除いて最優秀演題に対するアワードの選定・授与を行います。
  • 過去に他学会などで口頭あるいはポスター発表している内容の演題は受け付けられませんのでご注意ください。
  • 実験動物あるいは生体材料(血液・細胞など)を使用した研究については、所属機関の審査を受けて承認されており、 動物福祉の観点から適切に遂行されていることが本学会により審査されます。
  • 症例の報告については、飼い主の許可、および病院長の承認が得られていることが発表条件となります。